石垣島

沖縄の果物 レンブ


レンブ(蓮霧)という果物をご存じでしょうか。

先日初めて市場で見かけたのでご紹介したいと思います。

 

レンブとは?

レンブ(蓮霧)とは、フトモモ科の果実。

正式な和名はジャワフトモモです。

台湾やフィリピン、インドなど亜熱帯~熱帯気候で栽培されており

日本では沖縄で採れるようです。

ジャワアップル」、「ワックスアップル」、「ウォーターアップル」とも呼ばれています。

 

どんな見た目?

艶があり、少しごつごつした形をしています。

薄黄緑色と薄ピンクが混ざったものから全体的にピンクレッド色のものが出回っています。

薄黄緑色が熟していくと画像のように可愛らしいピンクレッド色になっていきます。

(この頃が食べごろです)

南国のようなピンクと赤の中間色がとーーっても可愛くて可愛くて。。

この色が大好き!^^


 

旬の時期は?

日本の沖縄では梅雨から夏にかけての6月~8月に出回りますが、

カナダや台湾では一年中食べられるようです。

 

おいしいレンブの選び方

持ってみて、中身が詰まって重くなっているものを選ぶといいようです。

 

食べ方

種がなく、生のまま皮ごと食べられます。

水で洗って頭の芯部分を切り落とします。

そのままかじってお尻の部分を残す、と見かけたのですが、

私はお尻の部分は気にならないものもあったので食べました。というか食べられました。

残す部分があまりないっていいなあ^^

 

どんな食感?

水分が少ない梨のような、シャクシャクとした食感でした。

個人的にはもうすこし水分があったらいいなあと思いました。

 

どんな味?

酸味とあっさりとした甘みでさっぱりしています。

少し渋みもあり、アセロラの実のような薄い清涼飲料水のような

なんだか懐かしさを感じる味です。

後味もさっぱりしていて暑い日の水分補給にもよさそうです。

 

もっちもちの玄米革命!YUWAERUの寝かせ玄米ごはんパック

栄養分

レンブには主な栄養成分としてビタミン類ミネラルが含まれています。

①ビタミン類

ビタミンCが多く、ビタミンB1・B2やナイアシンなども

少量ですが含まれています。

ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く作用があります。

ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素です。

ビタミンB2は脂肪を燃焼させ、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進。

健康な皮膚や髪、爪を作る働きをします。

②ミネラル類

カリウムカルシウムなどが含まれています。

カリウムは、ナトリウムの排出を促す成分です。

高血圧の予防、むくみを予防・改善する効果があります。

カルシウムは骨や歯のもととなる成分です。

骨粗しょう症や血液が固まるのを助ける効果があります。

 

★そのほかにも解熱利尿作用消化をよくする効果もあります。

 

まとめ

日本ではあまり見かけることのないレンブですが、カロリーも低くダイエットにもいい果物なので、沖縄や台湾など行かれた際に見かけたらぜひ試してみてください^^

 

 


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA