おすすめ

沖縄・石垣島の食べ物おすすめ5

私が沖縄・石垣島にきて個人的にハマった食べ物や調味料を紹介します。

おすすめ1 コーレーグース

ひとつめはコーレーグースです。島唐辛子を泡盛につけたとっても辛い調味料。

いままでコーレーグースという存在を知ってはいたものの食べず嫌いというか

泡盛も飲めないので辛いお酒のやつだよね?くらいに思っていたのですが、

ふとそばに入れてみようと香りをすんすんしてみると

とっても惹かれる香り!!これは・・・!と思い入れてみたところ

おいっしいーーー!とそれからドハマりしました。

泡盛は苦手ですがコーレーグースは好きだ。

なんだかタバスコのようなこの香りが大好きになりました。

温かい汁物にいれると程よくアルコール分が蒸発して、辛みとお酒の香りで最高です。

そのほかにもカレーに入れたり、おうどんやラーメンに入れたり。

七味唐辛子などとは違って液体なので全体に辛みが行き届くのですよ。

これを入れたうえで七味を少し入れて香りを楽しんだり。ああおいしい。

(コーレーグースは結構辛いので少しずつ入れることをお勧めします。)

ミニサイズもあります。もともとは小さいほうにも唐辛子が浸かっていたのですが、

使い切った際に捨てて、小さい瓶に液体だけ入れ替えて持ち歩いています。

可愛いしとても便利なサイズ。

このコーレーグースは現材料が泡盛と島唐辛子のみで作られていますが、

お酢が入っているものや塩が入っていたり何種類かあります。

好みのものを見つけるのも楽しいし用途によって使い分けもよさそう。

 

それと使っていて感じるのが、最後の方になると辛みが薄くなってきて

あまり辛くなくなってしまうので毎回逆さまに振りながら使用すると、最後まで辛さが均一で使い切れるのかなと思います。

おすすめ2 ピパーツ

ふたつめはピパーツです。

ヒハツモドキという植物で東南アジアに生息しています。

粉末状になっておりコショウのようなピリッとした香辛料で、冷え性にもよいのだそうです。

「ヒバーチ」「ピパーチ」「ピパーツ」などと呼ばれています。

石垣島に来て初めて知った調味料なのですが、石垣島のそば屋さんにはコーレーグースと一緒に必ず置いてあります。

ピパーツは独特な香りがあってこちらも何種類か販売されているのですが、個人的には写真左の香りが好みでした。

独特な香りで徐々にはまっていった感じです。

沖縄のそばや、パスタ、豆乳スープ、チャイなどにも合います。

おすすめ3 ジーマーミ豆腐

3つ目は主原料がピーナッツで出来ているジーマーミ豆腐です。

大豆から作られているお豆腐とは違って、もちもちしています。

ジーマーミ豆腐自体に甘みは無く付属のタレがついているので、

タレを掛けて食べるのですが

みたらし団子のような甘じょっぱいタレで美味しいです。

おやつに食べたくなる食感と味。

しかも以前居酒屋さんで見つけたのですが

ジーマーミ豆腐の揚げ出し豆腐というメニューがあって

これがとーーーっても美味しかったのです。

写真がこれしかなくて申し訳ないのですが

右上の器に入っているのがジーマーミ豆腐の揚げ出しです。

お店によってお出汁の味が違うので、好みが分かれますが

個人的には甘めのお出汁だとより美味しかったです。

沖縄ならではのメニューなので見つけた際には、是非食べてみてほしいです。

おすすめ4 ピーチパイン

 

 

 

 

 

4つ目はピーチパインです。

石垣ではパイナップルが有名で何種類もあるのですが

ピーチパインしか食べていないのではないかというくらい食べました。

上記の写真のように追熟させると右のようにピンク掛かった色に変化し

甘~くていい香りを漂わせます。

この状態になったら食べごろです。

カットすると白っぽい黄色をしており、ほのかに桃のような可愛らしい香りがします。

味は甘みだけでなく酸味もバランスよくあって、すこし尖った風味がとーっても美味しくておすすめです。

おすすめ5 ロイズ石垣島 黒糖チョコレート

最後5つ目はロイズ石垣の黒糖チョコレートです。

黒糖とチョコレートってこんなにも合うんだ!と一口食べた時の衝撃を受けたチョコレート。

黒糖特有の渋みと甘みがあり、ブラックコーヒーとの相性がとってもいいです。

このチョコレートを一口食べてコーヒーを飲んだあとに、

最後に鼻に抜ける香りにとーっても癒されるのです。

私の中でコーヒーに添えるチョコレートはこれが1番になりました。

それくらい好き。黒糖が好きな方にはたまらないと思います。

 

そしてチョコレート表面にミンサー柄(箱の左右の黄色い線上の赤い柄)が彫られています。

ミンサーとは?

ミンサーとは八重山諸島発祥の織物。

五つのマス目柄と四つのマス目柄を織り込んだ沖縄の伝統工芸で、

通い婚のあった時代に女性が男性へ想いを込めて贈ったのが

ミンサー織。

五つのマス目柄⇒「いつの」

四つのマス目柄⇒「世」

を表している。

縁取りの模様はムカデの足を表しており、

「いつの世までも足しげく私の元に通ってください」という意味がある。

とても縁起のいいチョコレートです。

 

まとめ

どれもこれもとても美味しく、スーパーや市場でも手に入るのでよかったら

ぜひお土産などの参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA