Uncategorized

匂いのない世界は、彩りのない世界

先日、仕事中に体がふわふわしているなあと思い

体温を計ったところ37.6度と微熱。

あと2時間ほどで退勤だったので最後まで仕事をし、

帰宅したころには38.3度でした。

何年振り?っていうくらいの久々すぎる発熱。

この日はご飯も食べずにお風呂入って就寝。

 

次の日には38.7度まで上がりました。

でもね不思議なことに悪寒が一切なくて。

アイス枕が冷たくて鳥肌が立っていたくらいで。笑

お腹もあまり空かなかったので一日寝続け、

一度おかゆを一杯食べたくらいで解熱剤やお薬は一切飲まず。

起き上がるのがちょっとしんどかったので

ひたすらに寝続けた2日目でした。


 ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

 

3日目になり、昨日丸一日寝ていたからかお熱は37.0度まで下がりました。

店長がコロナを気にしていたため病院へ行ってきてとのこと。

起き上がってシャワーを浴びるも

一昨日の夜からおかゆ一杯しか食べていないので

低血糖?低血圧?脱水症状?になったのかクラクラしてきて座り込み

変な汗が出てきて手が痺れ出し、お腹も痛くなってすっっごいしんどかった。

幸いシェアハウスに住んでいたので、

シェアメイトを呼んで助けてもらいました。

OS-1のゼリーを初めて美味しいと思った瞬間。

きっとそれだけ身体が欲していたんですね。

何か口にしてからお風呂に入るべきでした。次回からはそうしよう。

 

回復後、途端に寒くなり(いつもなる現象)36.4度まで熱が下がりました。

病院につくなり、建物の中には入れず

外のテントの中で待っていてほしいとのこと。

梅雨が明けた石垣島の外の湿度と暑さは半端ないので

じっとまってるだけで 汗汗汗~~。あーっついの。

看護師さんからの電話を待つのだけど、20分くらい来ません。笑

やっと来たと思ったら、また医師からの電話を待っててくださいとのこと。

その後20分くらい放置。ちーん(°_°)

熱は下がっていたのでそれほど辛くはなかったのだけれど、

これ高熱がある人は相当しんどいと思うのです。。。溶けてしまうのではないか・・・

そんなこんなで、医師からは多分コロナだと思うけどね~と。

鼻から綿棒突っ込まれる検査が痛くて嫌なので

個人的には検査したくなかったのだけど

店長が検査してほしい感じだったのでしました。

(個人的にはコロナだったとしても、違かったとしても、もはやどちらでもよくて。

コロナだからどうとか、特に無い。)



結局コロちゃんでした。ついに私もコロちゃん。

一度掛かってしまいたかったっていうのもあったので特に驚きもかったです。

熱が下がって、2日目くらいから匂いを感じなくなりました。

ずーっと鼻が詰まっている感じ。甘いとかしょっぱいとかの味覚はあり。

ただただ匂いがしない。

食べ物のにおいはもちろんのこと、

外に出た時の夏の空気のにおい

海のにおい

雨上がりのアスファルトのにおい

なあんにもしなくって。

小さい頃からにおいには敏感で一つの感覚器官として共に生きてきたので

私の生きる世界から嗅覚が消えてしまったことが本当に、悲しすぎました。

何を見ても何をしても心が動かず

色彩がなくなった世界のようで自然と涙がほろりな日々でした。

一週間ほどたった今は少しずつですが嗅覚は回復してきています。



病院の先生も言っていたけど、

「コロナだから休んで、普通の風邪だったら休む必要がないっていうのは違うからね~」と。

それは本当に私も思う。

どちらであったとしてもゆっくりと休むべきだと思うのです。

そして「大丈夫?」の言葉よりも

「どこで感染したんだろうね?」と、大体の人が聞いてくることに

悲しさというか虚しさみたいなものを感じました。

 

そしてそれは誰にもわからないと思うのです。

どうしてそんなに経路が気になるのだろうか。

どうして目に見えないものを追おうとするのだろう。

それがわかったところで何になるのか。

???

私の頭の中ではこんな疑問だらけ。

木を見て森を見ずというか、なんだか本質的ではないと思うのです。

きっと重要なことはもっと他にある。

 

コロちゃんになって気づいたことは

自分の免疫を上げる必要があるなと思いました。

36度台に上げた体温がまた下がっていたので上げること。

食生活の見直し。

一度リセットしようと思います。

 

有機野菜の宅配ビオ・マルシェ 100%有機の野菜をお届け!

そしてね

安心を与えられる人の存在数って、結構少ないのかもしれない。

私自身、嗅覚が戻らなくなるのではないかと

日々孤独と不安感に襲われそうになっているなか、

状況を説明したときに受け取る言葉は大体

「え、やば。」

だったのです。笑

やばいという状態であることはすごーく解っているんだよと。笑

年齢が一回りくらい離れているからというのもあるのだろうけども

なーんだか悲しくなってきて。笑

全然違う環境に身を置いて身も心もゆっくり休みたいと思い

とあるゲストハウスへ行きました。

そうしたらオーナーさんや住み込みバイトの人たちの

あったかさにとーっても心緩んで

「大丈夫だよ」って言葉に

ああその言葉を私の細胞は求めていたんだなあって

泣きそうになったのです。

なんだかね、相手を思いやるってどういうことだろうとか、

言葉の重要さとか、

「大丈夫」の言葉の力とか

(周りにいた子たちに思いやりがないって言いたいのではなくて)

たくさん感じて。

私は安心を与えられる人になりたいと

そう思ったのです。

おこがましいかもしれないけども。

でも私は救われたという事実があるのです。

 

沢山のことに気づかせてくれてありがとうコロちゃん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA